kaiさんの日記

太陽燦燦・緑いっぱい・そよ風サラサラ♪笑ってますか!   

kaiの家づくりの本質

大山崎美術館

大山崎美術館を案内 アサヒミュージアム

一年を通じて味わえる広大な庭  

カエデや銀杏も少し色気を感じる紅葉が始まっていました。

さすがニツカウイスキー創始者 加賀正太郎さんが明治から昭和にかけて建築された

贅沢で素晴らしい屋敷をみせていただきました。

今回で5度目になりますが少し20年前から比べると全体的に改修工事で形が変わっているのは

残念な部分もあります。

やはりAさんのコンクリート建物や他、原形に対し足し算はゴッホの絵の上に私が絵を足して

描くようなものだなぁ。。。むずかしい。。といい勉強をさせていただきました。

入場料もリーズナブルで大人900円 

テラスでカフェしたかったのですが超満員で残念ですが次回に持ち越しです。
IMG_1565



IMG_1535

IMG_1529
IMG_1563

森のカフェ

休日に作家さんからの電話。

車で約1時間の距離に関西の軽井沢のようなチョツト場のいい場所ありますねん。

お茶しながらロートアイアン扉の打ち合わせしません!とカフェtimeにリフレッシュ。

素敵なシニアのオーナーご夫婦、スタッフの対応もよく。。。

森の中に 薪ストーブあり、サンルームあり、のお洒落な空間でした。

IMG_1368


2階から眺める薪ストーブや煙突の手摺までもが洗練されたオリジナリティーが素敵です。
IMG_1357


IMG_1354


IMG_1367


ツルバラの実がとても綺麗で緑のなかに差し色が鮮やかでした。
IMG_1365



野間のケヤキも紅葉が始まっていました、
IMG_1374

明石に打合せ

病院建設の現場事前調査打合せに行ってきました。

個人的感覚ですが海の香り、風、景色好きです。

明石海峡って美しいなあと思い。

誰が設計されたんだろう?と調べていくうちに東京工業大学理工学研究科の

三木千壽教授が 設計や施工にも関わったそうです。

あの水の流れに支柱を止める技術等考えれば考えるほどワクワクします。(笑)

IMG_1416


IMG_1417


IMG_1419



阪急神戸 岡本へ

英会話寺子屋IMG_1294
IMG_1304


苦楽円口で4年前に愛工房杉材と漆喰内装店舗施工をさせていただきました英語寺子屋ACADEMY
オーナーとお母さんを交え建築相談に。。。。。。

お施主さん行きつけのカフェ超満員で素敵な空間でした。

https:/www.eigoterakoyaacademy.com/

親方の完成見学会

松の丸太とコミセンでつくる囲炉裏のある家。
いい杉と檜の香りがしていました。
次は石場建なんや!68歳パワー満開でした。IMG_1225

四條畷神社

知人の棟梁が四條畷神社の手水舎を昨年の台風21号被害後の修復をされたので見学と参拝に行って来ました。

古木も活かされ入母屋の塔が綺麗に修復されていました。
さすが。。
朱印帳忘れて行ったのが残念。IMG_1237
IMG_1233

ハナミズキ

我家のウッドデッキの場所にあるハナミズキに
実が赤くついて来ました。

 リビングダイニングに杉の夫婦 柱   8寸   6寸がどんと構えています。
いつも子供に由来を話すのが楽しい。(笑)IMG_1180
IMG_1177
IMG_1161


ケヤキ

IMG_1137

10月に入り秋の落ち葉の準備。
茨木市春日にある我社の高木。
広葉樹の葉からマイナスイオンを通行される
人に与えてくれます。
通り雨が降る時は高校生が雨宿りしたり夏にはクマゼミがイッパイで小学生がセミ捕り。
春は朝早くからメジロの囀りと五感を楽しませてくれます。

木は偉大です。


空気の美味しい家

三田の漆喰と杉でつくる古民家リフォーム。

和室、床の間にオリジナルオーブン付き薪ストーブ暖炉設置中し

お施主さんと使い方講習と燃焼テストをしました。完璧

家具作家さんの作る栗の木無垢板オリジナルキッチン設置完了。 

残すはミーレ食洗器。

IMG_1115


IMG_1125


IMG_1129


IMG_1114

1983年のメルセデス

IMG_1023


新しい物好きな日本人 

すぐ次々と車を乗り替える日本人

すぐ奥さんも取り替える日本人。

すぐコマーシャルに乗って消費を繰り返す日本人。

経済優先でスクラップビルドを繰り返すゴミ大国の日本人。

私は少し違って古風(笑)

良いもの、価値のあるもの、手間のかかったもの、長く愛される物に興味がある今日この頃。

デザイン、質感、やはりバブル時代迄のメルセデスはお金がかかっているからゾクゾクします。

ベンツはワゴンだから粗末な造りなのかと言うと全くセダンと同じ革シートアルミ削り出し

シートレール等細部に迄徹底した軽量化をし、コスト惜しまずかけていることがわかります。

さすが世界のステーションワゴンの見本になったW123、W124シリーズのメルセデスは今でも

ヤナセのディーラーに行くと修理パーツがあるのが凄い安心!!

日本車では考えにくい。先日も職人さん15年過ぎた乗用車パーツ無いから新車に乗り換えだと。。。

今回、ご近所さんから11年以上不動だったW123ベンツを譲り受けレストアー中です。

このオールドカーで嫁と嫁の母と息子でキャンプに行ける日を楽しみにコツコツ修理。

車も住宅も飽きの来ないデザイン、素材、質感で長く愛されるものは修理できる構造

パーツがあればエコです。

W123.、W124を眺めていると。。。

家も陳腐化せずに子世代にも持ち続けたいと思える本物の素材で心地いい適材適所にあつた

物づくりに行きつきました。(笑)

家もいくら大きな会社の特殊な工法で安全と言われても会社が潰れたりパーツが無いと

台無しだよ。修理できないとね。(笑)

3代は住んで貰わないとエコとは言えないね。



IMG_1024


シルバー君は貸し出し中。。。W124
IMG_1022
プロフィール

kaiぷら ブログ

大阪府茨木市の工務店です。

住む人と、つくり手が心から喜びを感じあう家づく

りを目標に頑張ります。

株式会社kaiぷらんにんぐ
〒567-0031 
大阪府茨木市春日1丁目13番29号
TEL:072-631-0131

コメントありがとうございます!
日めくりカレンダー
時計
ガイガーカウンター
仲間とコミュニティ作ってます
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
logo_03
私もこの活動を応援しています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ