近年、地球の環境は急速に変わっていると感じます。


ダウンロード








一般的に飲み水は気にされてミネラルウオーターを購入される方が多いいようですが

一日(24時間)に一番体に取り入れる量の多いい空気は気にされる方はあまり聞かない。

成人の場合、一般的に毎日約2〜2.5リットルの水分を補給する必要があります。

体重50kgの人の場合の一日の呼吸量(こきゅうりょう)を計算すると 0.5リットル×28,800回=

14,400リットル 約20kg。これは、ごはんにすると なんと約100杯分と言われています。

外断熱高気密住宅に取り組んだ12年前だったら私たちの(kaiぷらんにんぐ)家づくりはかなり

変なことを言っている工務店だと周りから言われる時代でしたが約10年を過ぎたあたりから

活躍できる時代に入って来たようです。

(花粉症)
花粉やダニ、ハウスダストなどの異物が原因となって引き起こされるアレルギー性鼻炎の一つ。
花粉症の発症は、住む地域など生活環境の影響を大きく受けますので、遺伝的要素が低い方でも気をつける必要があるようです。
近年では大気汚染や添加物などの影響で、過敏性が増している人が増えているようで花粉症は誰でも起こる可能性があると思っておいたほうがよいです。

(環境省花粉情報)
http://kafun.taiki.go.jp/

11c05_106_057cd22b_43be4c2e (1)








PM2.5とは
大気中には、粒子が浮遊しており、粒径10μm(0.01mm)以下のものを浮遊粒子状物質(SPM)、
粒径2.5μm(0.0025mm)以下の微小な粒子を微小浮遊粒子状物質(PM2.5)といいます。
※1μm(ミクロン)=1/1000mm=0.001mm=1000ナノメートル

PM2.5に関する情報
logo


現在、大気汚染防止法に基づき、地方公共団体によって全国500カ所以上でPM2.5の常時監視が実施されています。
都道府県のサイト:現在の状況【速報値】
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html
そらまめ君:環境省のサイト:現在の状況【速報値】
http://soramame.taiki.go.jp/
最近の微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染への対応http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info/attach/rep_20130227-main.pdf
微小粒子物質(PM2.5)に関するQ&A
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info/attach/rep_20130227-qa.pdf