kemiresu


今回、東京に行くついでにちょっと足を延ばして見学に行ってみようと千葉大学に電話すると

ケミレス、ケミレスタウン、ケミレスハウスはNPO次世代環境健康学センター解散と聞き

残念だ。

家のお問い合わせの中にシックハウス、アトピー、喘息等の話を聞く機会が増えているのです。

あたり前の家づくりに有害化学物質の対策って必要なの?

最近、室内空気、質の改善に取り組む企業や「化学物質ガイドライン」作成などを耳にしますが

原点に返って考えると変なお話だと。。。。。

最初からそんな環境材使わなかったらいいじゃんと言う話なんですが。。。

いろんな基準、工法やコストの観点からできないこともあるんでしょうね。。

人の一生の中で最も感受性の高い胎児を基準にするべきだと言われている住宅環境。

食のことは敏感に反応されるのも女性

家の安全を返れるのは今日影響力を持つのも女性。

ガソリンやシンナーのように臭いがすれば分かりやすいが。。。無臭に近い化学の品は

ボクシングと同じでボディーブローは後から効いてくる。

もっと勉強してほしいなぁ。。太陽光発電やエコと言う流行に流されず。

本筋を大切に。。。。。ポソ

2006年のドイツ研修以来本国の人々は健康への意識が非常に高く健康を考えた

環境づくりのために手間やコストを惜まない思想と気づき。。。私も地道に頑張っています。