自然素材をつくる為には

常に市場に出かけ

新鮮な情報と物の見極めが大切です。

を考え出かけます。
画像 041

画像 048


日伸建設の社長 桜の板山買いです。
どんな家に使われるのでしょうか?
画像 046


kaiもブラックウオールナット検討中。
画像 047


黒柿の原木上下床柱には使えそう。。
画像 045

画像1

今回は茨木の会社を深夜3時に出て

早朝6時から積込みが終る2時迄の炎天下は皆さん紫外線で火傷状態。

日本じゅうから銘木問屋さんが集まるなか大阪からも有名なコダワリの工務店さん

2社が来られていました。

伝統構法で健康住宅を扱う会社は自分達で材を見定めているのがわかります。

新建材や 単板貼りで糊とビスに頼る工法ではなく木の素性を見極める目を持った

工務店さん達は顔に自信がありいい顔だ。

取引先の木材屋社長に積荷を載せてひとまず大阪で下車。

夜8時に待ち合せのわせの四国の杉の山主さんの所へ


淡路大橋を渡り徳島県に・・・・・・・・・・・・なんか木が好きですねぇ。。。

移動距離は半端ではありませんがハードで楽しい一日でした。


画像 049