春爛漫 草木の萌え動く季節ですね。

大阪は空気がやわらぎつくしもニョキニョキ

人の体調は不安定で暖房器具も衣服も私のように

温度をあわすのが難しい季節なのでくれぐれも

ご自愛くださいませ。

画像 994


先日、リフォームをさせていただいたk邸におじゃました時に感じたことは

玄関が暖かい

やはりドアーや木製サッシ性能の影響が大きい事に気づきます。

寒冷地の厳しい基準をクリアーしたスウェーデンドアー

200年の歴史を持つ断熱性1.8W/K気密性A4等級

台風圧S-4等級遮音性T-2

数字上でも木製ドアーの断熱性、遮音性、気密性により確保できている

ことがわかります。

先日、内装ドアーメーカーさんに故障の連絡をすると現物を見ずに多分

レールが磨り減ってなったのでしょう。引渡し後7年

見にもこられずメンテナンス部を行かせます。

費用は2万円位です。

確かに保証は切れている。

だけどkaiの感覚では見てから判断してほしい。

そんなこと言ってるから日本は海外のメーカーに抜かれるねん。。。

と思いながら現実だなぁ。。。と思いました。

JIS基準の物の方が。。。だからメンテナンスさえ出来れば海外の製品

も十分対応できます。

日本のよさも欧米化しちゃったのかな。。。。縁を大切に。。

今度の休みは日本のよさを思い出す為京都の伝統工芸でもみて気持ち取り直そう。