最近無免許業者のトラブル相談の来店が増えています。

ご存知でしたか?

建設業を営むものは、元請、下請を問わず、国土交通大臣もしくは都道府県知事の許可を受けなければ

なりません。但し、軽微な建設工事のみを請け負う場合は許可は必要ありません。

軽微な建設工事とは

 。鰻錣旅事(建築一式工事を除く)の請負代金が、500万円未満の工事

◆〃築一式工事は請負代金が1500万円未満の工事。または、延べ面積が150屬頬たない

   木造住宅工事。



建設業の許可制度については、「建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによって、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進する」ことが、建設業法に定められています。
建設業を営もうとする者は、原則として国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

ということで無免許リフォーム業者や新築業者、ましてや不動産業者さんが宅建業の免許で新築請負契約を

締結していることも良く耳にします。

このようなことは基本中の基本。

車の無免許運転と同じようなもの。。。