先日、関東に桧の床フロアーをはられたお客様の撮影取材に同行したときのお話。

そのお家から出てこられたご夫婦のご主人は外人さんでした。

2人とも笑顔の素敵ないい顔!!パワーを感じます。

築50年の平屋をリノベーション畳の間や茶室も残し耐震断熱改修

された様子。

その時にあなたは何屋サンですか?・・・・・工務店です。(大工さん??)

工務店の2代目なんです。すばらしい!

日本にはいい素材やいい庭いい造りで出来た家がたくさんあるのに

それを壊しなぜ偽者の素材を使用し外国の家に似た部屋や家づくりをしているのか

理解に苦しむと。。。。。確かに。。。

話を聞く限り現在3件の家を所有しているようで来年は本宅にもリフォームされる

ようだ。漆喰、や板、樹種、のことを同行した人と私にに聞いてこられました。

国民がなぜ立ち上がらないのだ?いい家やいい庭・いい街が残れば不動産価値もある

だろ!なんて言われて・・・・・・いい環境の場で暮らさないといい仕事もいい家族も

。。。。。。自分が思ってきたことが同感している方がいらっしゃる。

と自信満開!です。出会いに感謝!



本物の素材長期優良住宅・・・・・社寺?

何百年もの土壁
P1010825


P1010898



何故長く持つのか?

何故健康に暮らせるのか?

理由は歴史有る建造物を見るとヒントが沢山隠されています。


今は・・・・・

早く作くろうとする

安く作ろうとする

手間をはぶいてつくろうとする

例えば早く作ろうとすれば工事代金は安くあがるはず。(工期短縮)

それには工場でつくれるものや既成の品をもってくるしかない。

早く作るためには早く乾く接着剤もいる。早く乾く接着剤ってどんなもの?

早く乾かない物は固定する道具や人の手が必要!

健康な材料は規格製品には少なく手間がかかる材料が多いい!

削る、彫る、止める、細工する、道具が必要である。=金がかかる。。

家づくりには何が必要ですか?

Q値 C値 省エネ LED 太陽光発電 床暖房 豪華なキッチン

それとも本質。。があつて次に前項をプラス?

大地


本当に自然で家族が健康に暮らせる材質の中に暮らそうと思いますか?

それはどんな場所だと思いますか?

自分の暮らす家の材質をご存知でしょうか?

長く持つ材料でしょうか?

安全とか耐震とか省エネとか言うけど本当にそのようなもので出来ているのでしょうか?

そんなことを考えながら下請け会社と違う直営直接施工の小回りのきく

kai工務店の良さや!レスポンスをいかして

茨木の小さな工務店がぼちぼち施工中・・・・笑

日本の杉板を大工さんが加工して棚板を作っています。

F☆☆☆☆VOC対策必要なし!そんなものは出ません。
米糊と無垢材でつくっています・・・笑・・化学薬品無使用食べれるかも。。

化学糊を使わず手づくり棚

オリジナルテレビ台&本棚・子供おもちゃ入れ兼 椅子


たくさんの友達とホームパーティーするときは椅子にも普段はテレビボード兼子供のおもちゃ箱と本棚

をO棟梁造作中!製作サイズ 座り心地も何度も検討・・時間はかかりますが住んでからは

便利なアイテムになるんです。奥行き高さ幅。。材質。。オーダーだから出来る技。。