「結露のない外断熱」高気密・高断熱住宅は「結露が無い」と誤解される方も多いようですが

次の建物のうち、室内で結露のおこりやすいのはどちらでしょうか?

  A、高気密・高断熱

  B、低気密・低断熱

単純に比較であれば、(A)ということでしょうかね。
理由は高気密のほうが室内の絶対湿度が高くなるからなんです。
食パンの入ったビニール袋の内側が結露するのと同じです。
もし紙袋に入った食パンなら絶対湿度は外気とほぼ一緒と言うことで
私の親父が手がけていた土壁木造サッシのスースー日本の伝統工法
では結露しにくい作りといえます。(ストーブをたいても周りしか
温かくないお家。。


最近冷え込みも厳しく工事中のアルミサッシ枠で結露を見かけました。
工事中はクロス施工や塗り壁施工があれば特に24時間換気はホコリを
吸い込む為動かしません。なので高気密建物の室内では絶対湿度が高くなるため
普通の建物以上に露点温度が高くなります。
よって仮に35坪くらいの家に実際にお住まいになられても、4〜5人以上の
ご家族があまり暖をとらない比較的低めの温度で暮されたり換気を少なく
加湿器を多用されるような場合には(B)普通の家以上に結露しやすくなります。
 

そこまで聞くとなんだ通常の住宅中気密住宅がいいのだ!と思った人も
いらっしゃるのではないでしょうか? 
ところが室内が20℃以上の快適温度で省エネ運転で生活される方であれば
結露を見ることはほとんどありません。
またそのような快適環境をつくるには高気密・高断熱は容易にできます。
また逆に言えば加湿効果は高く過乾燥にはなりにくい美容にいい健康住宅とも
言えるのですが。。。
roten